Cursuri

順天堂病院

日本医療機能評価認定
ISO9001認証

もっと見る
Cursuri

介護老人保健施設 敬松苑

ISO9001認証

もっと見る
Cursuri

順天堂ケアマネジメントセンター

ISO9001認証

もっと見る

INFORMATION -お知らせ-

2020.09.03 お知らせ
ホームページをリニューアルいたしました。

一覧を見る

理事長挨拶

 当施設は佐賀県のほぼ中央に位置し、自然環境、交通立地に恵まれ、理想的な療養環境にあります。医療療養病棟115床、介護老人保健施設70床です。
 医療の機能分化における療養病棟の役割は、「神経・筋難病疾患」、「脳血管疾患、呼吸器疾患、外傷による遷延性意識障害・慢性呼吸不全」、「頚椎損傷の呼吸管理」、「末期がん」等の重傷長期入院患者様の医療、介護です。年平均100名位(2019年度は113名)の入院があり、約85%が県内外の基幹病院からのご紹介です。2019年度の病床稼働率は98%、97%が医療区分2、3でした。人工呼吸器管理の患者様は常時40名前後おられます。レスパイト入院もお受けしています。
 外来は常勤、非常勤の専門医による診療を行なっています。急性冠症候群、脳卒中などの重症で緊急対応が必要な場合には30分以内に救急病院が4施設ありますので紹介しています。
 介護老人保健施設の平均介護度は4.0です。病院併設のため緊急時には速やかに対応可能です。
 いくら高邁な理念を掲げても実践できなければ意味がありません。第三者期間の評価として、2002年よりISO9001認証、日本医療機能評価認定を継続しています。
 『医療倫理の遵守』『治療計画の十分な説明』を基本理念として『人権を尊重したサービスの提供』に努力します。
 地域連携を推進し、地域完結型医療に貢献できますように従業者一同尽力してまいります。

令和2年8月
医療法人順天堂 理事長 福嶋 博愛

沿革

医療法人順天堂あゆみ
1933年 前身立石病院(立石常一)を白石町に設立。
1955年 娘婿溝上松次が溝上病院として継承大町町に移転。
1959年 医療法人順天堂を設立。
1999年 耐震構造と、より広い敷地の必要性から現在地に介護老人保健施設「敬松苑」を併設して移転しました。(総延敷地面積16,212㎡)。

※医療法人順天堂及び順天堂病院は学校法人順天堂及び順天堂大学医学部の各付属病院とは、一切関係ありません。

外来担当医表

外来診療

脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、内科、皮膚科、消化器科、呼吸器科、外科

外来診療時間と担当医
 
午前 総合診療
福嶋 博愛
整形外科
溝上 健次
整形外科・内科
溝上 健次
神経内科
原  英夫
整形外科
溝上 健次
整形外科・内科
溝上 健次
整形外科
溝上 健次
内科
福嶋 眞由美
脳神経外科
中島 慎治
内科
福嶋 眞由美
外科・内科
赤司 昌謙
脳神経外科・内科
伊藤 隆浩
脳神経外科・内科
伊藤 隆浩
脳神経外科・内科
中島 慎治
循環器科
高瀬谷 徹
総合診療
福嶋 博愛
脳神経外科
伊藤 隆浩
消化器内科(第5土除く)
福永 秀平
皮膚科・内科
溝上 沙央里
皮膚科・内科
溝上 沙央里
皮膚科・内科
溝上 沙央里
脳神経外科・内科
伊藤 隆浩
皮膚科・内科
溝上 沙央里
皮膚科・内科
溝上 沙央里
    消化器内科
吉岡 慎一郎
  消化器内科
長 知徳
 
午後 整形外科・内科
溝上 健次
脳神経外科・内科
中島 慎治
循環器科・内科
高瀬谷 徹
脳神経外科・内科
伊藤 隆浩
外科・内科
赤司 昌謙
当直医
脳神経外科
中島 慎治
脳神経外科
伊藤 隆浩
整形外科
溝上 健次
  整形外科
溝上 健次
 
脳神経外科
伊藤 隆浩
整形外科
溝上 健次
脳神経外科
中島 慎治
  脳神経外科
伊藤 隆浩
 
皮膚科
溝上 沙央里
皮膚科
溝上 沙央里
    脳神経外科
中島 慎治
 
        皮膚科
溝上 沙央里
 

(担当医の都合により変わることがあります。電話でお確かめください)

薬剤部

主に入院、入所の患者様の薬剤管理を行っています。2か月毎に薬事委員会で、新規採用薬、削除薬、医薬品の情報交換等について討議し、安全性の保持に努めています。

リハビリテーション部

病院、介護老人保健施設を合わせて理学療法士8名、作業療法士2名、言語療法士1名による治療を行っています。重症慢性期疾患患者様の日常生活能力の維持向上、廃用性の機能低下防止に努めています。人工呼吸器装着での離床も促しています。嚥下機能訓練には嚥下造影検査(VF検査)の評価を参考にしています。地域ケア多職種ネットワーク会議等で自立支援活動に参加し、介護予防教室も行っています。

栄養管理部

入院入所者外来患者様の栄養計画、管理、指導を行っています。
栄養管理委員会で前月の問題点の報告を行い検討、修正しています。患者様、ご家族様、糖尿病に関心のある方を対象として毎月糖尿病教室を行っています。
医師とともに日本病院協会保健指導士(AJHAヘルスマネージャー)2名が特定保健指導を行っています。皆様の健康増進の一助となるようにサポートをして参ります。

アンケート調査
毎年食事のアンケート調査を行っています。
特定保健指導
医師とともに、日本病院協会保険指導士(AJHAヘルスマネージャー)2名が生活習慣病の指導に当たっています。
集団栄養食時指導
月1回(第3金曜日)健康教室として糖尿病患者様やご家族を対象に栄養指導を行っています。

地域連携室

これからの医療機関の役割は地域医療構想と地域包括ケアに基づいた機能分担による最良の地域完結型医療サービスの提供です。地域から選ばれる慢性期病院になるためには、他施設特に基幹病院との連携が重要です。良質な医療の提供を大前提として、施設全部署の協力のもとに連携体制を強化していきたいと思っております。

自然災害に備えての危機管理について

Flexible

当施設はハザードマップで2~5Mの浸水が予想されています。「災害関連死」を防ぐため施設完結型の避難を目指しています。
施設は耐震構造です。水渦にそなえて、敷地を1.5M嵩上げ、施設周囲を40cmの堤防で囲っています。ライフラインは孤立状態に備えて、受電装置、自家発電装置(病棟用2基、電子カルテ用1基)は3階の屋上に設置しています。水の供給は通常は地下水+上水道で行っておりますが上水道の供給が絶たれたときには地下水を利用します。 近隣の方の避難場所となり、水の供給も予定しています。落雷に対しては避雷針だけでなく避雷シールドも設置しています。2019年の水害で20cmの床上冠水の経験から防水柵を設置しました。

関連口、著述報告

患者様、ご家族様が満足されるサービス提供ために

ISO9001のマネージメントレビューが年2回実施され、品質マネジメントシステムの見直しを行っています。

・アンケート調査

毎年1回、患者様満足度調査を外来、病棟、介護施設、通所リハビリ、栄養管理部で行っています。 2020年2月実施の結果は総合的満足度で外来84%、全病棟91%、介護施設93%、通所リハビリ100%、栄養管理部73%でした。更なる向上を目指して努力いたします。

・ヒヤリハット・インシデント・クレーム・医療訴訟

ヒヤリハット・インシデント・クレームは、発生部署で改善策を検討し、全部所に報告し、更に月1回の病院会議に報告され討議しています。2020年度はヒヤリハット239件、インシデント4件、クレーム3件がありました。 
これまで医療訴訟はありません。

働き方改革法案に関して

従業者数100名超の医療機関は2019年4月より義務化されました。
当院では、労働環境の整備(人員の確保、システム化)により医師、職員の長時間(超過)勤務者はほとんどありません。

Flexible

お気軽にご相談・お問い合わせください。

お問い合わせはこちらから